効果的な使い方

Colorful Choose

ヘアマニュキュアの効果的な使い方

ヘアマニュキュアとよく比較されるのが、ヘアカラーですが、どんな違いがあるのでしょうか。
ヘアカラーは髪の内部にまで働きかけ、一度髪の色を抜いてから、色をつけます。
それに対してヘアマニュキュアは、髪の表面だけに色を吸着させます。
ヘアマニュキュアを使う一番のメリットは、髪の内部にダメージを与えないので、ヘアカラーを使った後のような、ゴワつきや、キシみが全くなく、頻繁に使用できることです。
髪の表面をきれいにコーティングするので「マニュキュア」という名前の通りツヤツヤになり、ハリやコシも出ます。
実際に、ツヤを出すためだけに、透明なヘアマニュキアを使用する人もいます。
髪色を戻したければ、コーティングを落とすだけで、すぐに元通りです。
成分も低刺激な薬剤が使われているので、ツンとしたいやなにおいがなく、基本的には、使用前のパッチテストも必要ありません。
デメリットは色持ちの短さで、髪の表面にだけ染料をつけるので、シャンプーのたびにどんどん色が落ちてしまい、2~3週間ほどで元の色に戻ってしまいます。
特に日本人の黒い髪には、カラーリングの効果が期待できないので、明るい色にしたい人は、ヘアカラーを使ったほうが良いでしょう。
ヘアカラーの後にヘアマニュキュアを使えば、色を長持ちさせながら、ツヤを出すこともできます。
上手に組み合わせて使ってみるのも良いでしょう。

ヘアマニュキュアの長所と短所について

ヘアマニュキュアは、髪を傷めずに、気軽に色がつきます。
また髪にハリやコシが出るため、好みの形をつけやすくなる点が長所となります。
しかし、髪の表面にマニュキュアを塗っているようなものですから、シャンプーをしていくうちに、色が落ちていきます。
3週間ほど経つと、色が落ちていく点が短所となります。
ヘアカラーのように長く色が持ちません。
またヘアカラーのように、発色がよくない点も短所となります。
痛みやすい髪質の人達やくせのある髪質の人達には、ヘアカラーはあまり向いていません。
髪を傷ませることのないヘアマニュキュアにする方が安心出来ます。
色落ちを防ぐためには、マニュキュアをした直後の1日は、シャンプーをしないようにします。
また、マニュキュアを落ちにくくするシャンプーやトリートメントも販売されていますので、こういったものを使用するなどして、ヘアマニュキュアの短所をカバーすることが必要なこととなります。
ヘアマニュキュア用のシャンプーやトリートメントは、美容院で相談をすると教えてくれます。
また美容院で販売しているところも多くなっていますので、マニュキュアをしてもらった時に、購入をし、自分でも長持ちさせる努力をすることがポイントとなります。

注目サイト

カプセルホテル 東京
http://sugamo-capsule.com/
フォーミュラE
http://evracing.jp/
エアコンクリーニング 愛媛
http://mls-ehime.com/
千葉 メンズエステ
http://aromacuas.ii-esthe.net/
八王子 歯科
http://www.sennincho-dc.com/
幸区の歯科情報
http://www.hirokami-dental.com/
フィギュア 買取り
http://www.hobby-toy.com/
菊川 歯科
http://iwataya-dental.com/

2016/6/22 更新

COPY RIGHT (C) Colorful Choose. ALL RIGHT RESERVED